企業理念
世界の人々のために革新的な製品を

理念の刻まれた石碑
‘Otsuka - people creating new products for better health worldwide’
この言葉には、
• 自らの手で独創的な製品を創る
• 健康に役立つ
• 世界の人々に貢献する
という思いが込められています。 わたしたちはこの企業理念のもと、大塚の遺伝子である「実証と創造」を受け継いで、「大塚だからできること」「大塚にしかできないこと」を、日々実践しようと努めてきました。そして今日、大塚製薬の革新的で創造性に富んだ医薬品や消費者商品は、世界の人々の暮らしをサポートしています。

大塚製薬は、常に生命関連企業にふさわしい倫理観と活力をはぐくみ、グローバルな視点から地域社会や自然環境との共生に配慮し、みなさまのより豊かで健康な暮らしに貢献したいと願っています。

大塚製薬の理念を具現化した、「巨大トマト」「曲がった巨大杉」「浮かぶ石」

大塚製薬の社員研修施設、能力開発研究所、そして隣接する会議場「ヴェガホール」の周辺には、三つのモニュメントが飾られています。これらモニュメントは、明日の飛躍に備えて研鑚を行う社員にエールを送ると共に、自らの可能性への新たな挑戦を誘うために設置されたものです。

まず、施設正面の池では、黒い石が“噴水の上”に浮かんでいます。この不思議な光景が訪れる人の関心を惹き付け、日常生活を離れた独特の解放感を誘います。

そしてヴェガホールの入り口をくぐると、大きな曲がった杉同士が一見不安定ですが、みごとなバランスで私たちの既成概念を一掃してくれます。ここでは「杉はまっすぐなものだ」という先入観が当てはまりません。“先入観が壊れる”とはどのようなものかを体験できる人もいるでしょう。創造とは、必ずしも心地良く、易しいものではないと感じられるかもしれません。

最後にトマトホールに入ってみます。天井を見上げると、わずか数本のトマトの木から数千個の真っ赤なトマトの実がびっしりと実ってこちらを見下ろしています。一本のトマトの木は、成長のピークには10メートル以上も枝を伸ばしているといいます。

しかし、このトマトは特別な品種ではありません。従来種をただ水耕栽培して育てたものに過ぎません。トマトは通常、土に植えられて育ちます。よって、ここに植えてあるトマトを土に植えれば、普通のトマトと変わらない大きさに育ちます。つまり普通の土(土壌)には、恐らく成長を止める、あるいはトマトを適当な大きさにとどめる何かが含まれていると考えられます。

さて、実はこの“普通の土(土壌)”とは、日常生活のたとえです。日常生活には、なにかわたしたちの成長を抑制するものが含まれているのではないでしょうか。「日々慣れ親しんだものから自らを解放し育て方を工夫すれば、まだまだ成長する可能性がある」――これが大塚製薬が作るトマトのメッセージです。同時にトマトは、大塚製薬の事業のベースともいえる「栄養」を指しています。

大塚製薬の企業理念である‘Otsuka - people creating new products for better health worldwide’には、「create」という言葉が含まれています。これは「世界の人々の健康のため革新的な製品を創り出す」ということです。三つのモニュメントは、社員やこの場所を訪れるお客さまに、創造への思いを送り続けています。

ホーム 企業情報 業務内容 製品情報 採用情報 連絡先 大塚グループ       大塚製薬研発(北京)有限会社
京ICP备10032847号